水谷 暢宏

| Nobuhiro Mizutani
広報のがっこう校長
授業への想い
学生一人ひとりに目を向け、個々の状況を把握しながら、より効果的に習得できる指導法を研究し、実践することを心掛けています。
水谷 暢宏
Nobuhiro Mizutani
合同会社オフィスPLAYワーク代表
元よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長
一般社団法人PRプロフェッショナル協会・認定プロデューサー
NSC吉本総合芸能学院の校長を務め、2008年よしもとクリエイティブカレッジなるスタッフ育成のスクールを立ち上げた。現在までに2,000名を超える生徒が卒業、業界内外で働いている。2018年、沖縄県初となるエンターテイメント専門学校「沖縄ラフアンドピース専門学校の立ち上げに理事長として参加。2019年まで吉本興業教育部門・担当取締役として活動した。
同社の事業やイベント、コンプライアンスなどの記者会見では登壇し、広報業務と関わってきた。

2019年退社後は、各紙記者、テレビ報道記者、広報PRコンサルタントとのつながりや学校事業の経験を基に今回の「広報の学校」を立ち上げる。現在、広報PRコンサルタントとして活動中。広報PRのノウハウを中小企業・スタートアップ・個人事業主の皆様に広め、地方活性に寄与したい。

講師紹介

| Lecturers
広報のがっこう校長
水谷 暢宏
水谷 暢宏
Nobuhiro Mizutani
NSCの校長を務め、2008年よしもとクリエイティブカレッジなるスタッフ育成のスクールを立ち上げた。2018年、沖縄県初となるエンターテイメント専門学校「沖縄ラフアンドピース専門学校の立ち上げに理事長として参加。2019年まで吉本興業教育部門・担当取締役として活動した。

2019年退社後は、各種報道とのつながりや学校事業の経験を基に今回の「広報のがっこう」を立ち上げる。
広報PRコンサルタント(元新聞記者)
堀 美和子
堀 美和子
Miwako Hori
(株)電波新聞社に入社後、大和ハウス工業(株)に転職。
 2012年、新聞記者や広報・販促等の多彩な経験を活かして独立。企業のPRアドバイザーになる他、商工会議所・業界団体等でセミナーを開催。「中小企業119」等の国・自治体の公的施策として、約250件もの中小事業者を支援。2011年以来毎日書き続けてきたブログは4,500記事超え。 
落語作家(ストーリー作りのプロ)
今井 洋之
今井 洋之
Youji Imai
2002年に鶴瓶上岡パペポTV、ダウンタウンDXなどの放送作家 疋田哲夫からスカウトされて弟子となり、放送作家の仕事を始める。2011年、上方落語協会・上方落語台本コンクール」優秀賞受賞、2019年、「落語協会台本コンクール」最優秀賞受賞。人気漫画「カイジ」の落語を制作。ワッハ上方主催お笑い検定問題作成。
広報PRコンサルタント
加納 和子
加納 和子
Kazuko Kanou
株式会社KANOWA代表。広報PRプロデューサー、コンサルタント。営業、WEBマーケティング経験の後、中小企業専門の広報PR。人脈ゼロから新聞テレビなど半年で50以上のメディア露出を獲得。取材が来やすいSNSやWEB運用にも強い。総フォロワー5万人超のペットインフルエンサーとしても活動中。
広報のがっこうアドバイザー
大町 浩
大町 浩
Hiroshi Oomachi
元吉本興業漫才師ライムライトのボケ担当ライト坂田。
コンビ解散後ウンコちゃんの家具屋さんを創業。10年後に廃古材から美しい家具や楽しい空間を作る町工場(株)パレットハウスジャパンを創業。「大阪のおもしろい」が中小企業の活性化や経済効果を生むことに気づき一般社団法人おもしろ総合研究所の立ち上げを提案。
広報のがっこうアドバイザー
松田 忠明
松田 忠明
Tadaaki Matsuda
2014年、株式会社クロステック創業。テーマは『ヒトとモノをツナグ技術』を追求する集団。
「町工場をおもしろくしたい」との想いから、2019年より「くだらないモノづくりグランプリ」に参加。マスコミの注目集め、多くの取材を獲得。
2023年、一般社団法人おもしろ総合研究所の理事に就任。